出会い系のコツ

出会い系で熟女と会うまでのメールのコツは5通目まで!

更新日:

当ページでは、出会い系で熟女と会う約束までもっていくためのメールのコツを紹介してます。

ぼくも、この方法をみつけてから無駄にポイントを消費せずに、熟女とHできるようになりました。

サイトの掲示板やプロフィール検索で気になる熟女が居たら、早速メールを送信してみましょう。

(1) 一通目は自己紹介

まずは自己紹介!

そこで手間を惜しんではいけません。
そして、一通目でいきなり「会おう」と言ったり、メアドやID交換を持ちかけるのはやめておきましょう。

焦っては、足下を見られてしまいますよ。

最初は

「足あとありがとう。あなたのプロフを見て気になったのでメールしました!」

という感じで、自己紹介をしつつ「自分がメール出来る時間帯」などを相手に告げます。

焦らず「さりげなく」伝えるのがポイントです。

続けて、仕事や近況など軽い話題を振ったうえで「良かったらメールしてくれませんか」と、軽めに返信をお願いしてみてください。

(2) 返信が来ないときは?

一通目を送っても、当然、女性があなたに興味がない場合「返信」はしてきません。

「メールを返してこないし、あいつはサクラだ」と決め付ける人は多いですが、街角でナンパする際に、声をかけた女性が全員引っかかることはないですよね。

当たり前ですが、メールした熟女と100%出会えるサイトは世の中に存在しません。街角でのナンパと同じで、スルーされたら諦めて次の人を探すこと。

そこで傷つくのは無駄なので、「次!」と気持ちを切り替えていきましょう。

女性がこちらに興味が無いのに、だらだらメールだけされても、ポイントを無駄に使うだけです。「あなたに興味のない女性」は、こちらからNGにしちゃって大丈夫。

自分に興味がある女性を見極めて、やりとりをしていきましょう。

(3) 二通目では、共通の話題を探ろう

自己紹介した後、いきなり女性から「会いましょう!」というメールは来ませんよね。

むしろツボとか売りつけるつもり? って心配になります。

あなたと同じような自己紹介文をメールしてきてくれる女性とお話を続けましょう。

ここでは、お互いのメールのやり取りを読んで「共通の話題」を探ります。

焦って適当な内容を書くより、相手の文面をじっくり読んで、考えて返すのがいいですよ。

相手から、話題に食いつくようなメールが来たら、次のステップ。

いい感じで進んでいると思ってください。

(4) 三通目で、空き時間を確認

次のメールでは、「話が合う人で良かった! 登録したばかりだから使い方が解らなくって」
などたわいのない話をしつつ、相手の空き時間などを聞きだしてください。

今から出会えそうな雰囲気でしたら、ぐいぐい押していきましょう。

後日ならOKという雰囲気だったら、待ち合わせを匂わせつつ、楽しい雰囲気のメールを送りましょう。

(5) 四通目、「余裕を見せる」のが大事

続けて「今日はありがとう! 明日またメールしてもいいですか?」など、余裕がある男性であることをアピールしていきましょう。

女性を大事にする気遣いを見せることがポイントです。

(6) 最後に、LINEのIDを聞き出す。

出会い系サイト内でのメールのやり取りはポイントを消費しますし、できればサイトでのやり取りは五通目あたりで終わりにしたいところ。

そろそろいいかな、と思ったら「携帯のメアド」や「ラインのID」などを聞きだして、以後はそちらを使って連絡を取るようにします。

1人の熟女に送るメールは「五通まで」。

こんな風に上限を設けることで、自分の目的をはっきり意識することが出来て、だらだらポイントを消費するのを防げます。

初回にもらえる無料ポイントで、LINEなどで連絡が取れるようになれれば、無料で熟女とデートすることも可能ですよ。

あと、デート代の全額おごりは厳しくても、男性がやや多めに出すのがスマートで喜ばれますよ!

-出会い系のコツ
-, ,

Copyright© 熟女のセフレができる出会い系サイトの選び方 , 2018 All Rights Reserved.